話が飛びまくってます・・・故繊維加工業って??何???

どんどん話があっちに行ったりこっちに行ったりして収集が付かなくなってきました!

 

CRMリユース事業を書く前に衣類の活用に仕方からの廃棄物の話からの故繊維加工業の話です・・・・・・

 

故繊維加工業という事業を聞いたことがあるという人はかなり少ないのではないかと思います。

 

故繊維とは古繊維(古着)と繊維屑の二つを合わせたときに使用される言葉です。

f:id:kurohyo-3rd:20200807095903j:plain

 

完全な業界の言葉なので知らない方が普通です。

 

そして故繊維加工業とは古着や繊維屑を加工してリユース・リサイクルする事業のことを言います。

 

故繊維加工業と言う仕事は100年以上の歴史があります。

(江戸時代から続く古着やゴミの回収再利用の生業は一度、完全に崩壊しているので少し違う組み立てになっています。)

 

故繊維加工業のスタートは、古着の再利用というよりは工業化に伴い発生してきた繊維産業のたち屑や繊維屑を集めて再利用するために仲介することから始まります。

 

 実は、かつては綿の屑は再生されて洋紙に加工されていました。

(ちなみに洋紙とは機械ずきで作られた紙のことです。この再生しでお札なんかも作られていたそうです。)

 

f:id:kurohyo-3rd:20200807114714j:plain

洋紙はパルプが現在では原料ですが洋紙が活用され始めた当時、日本では繊維屑から作られていたようです。

 

その過程で集まった羊毛や他の繊維屑などもリサイクル原料として販売し初期の故繊維加工業がスタートします。

 

そこに繊維屑だけでなく古繊維(古着)が加わり古着をウエスに加工する事業が加わり、さらに反毛が加わり、さらにさらにリユースとして海外へ販売する事業が加わって現在の故繊維加工業が形作られました。

 

ではウエス?反毛?海外輸出ってどんな事業なの???を次回以降書いていきます。

 

CRM型リユース事業の前にゴミのお話

どんどん続けますCRMリユース事業について・・・・・

ただまだ事業について一切話せていない・・・・・

たどり着くのはいつになることでしょう・・・・

 

衣類の活用方法についてもう少し書きます。

 

f:id:kurohyo-3rd:20200807110738j:plain

 

残念ながらなくなっていく活用方法ですが、新しくできてきたものもあります。

 

それが④と⑤です。

残念ながらなくなっていく活用方法ですが、新しく
できてきたものもあります。
それが④と⑤です。

(①誰かにあげる②自宅で別の用途で使う③リサイクルショップに持っていく④資源ゴミ回収に持っていく⑤寄付する)

 

④の資源ゴミ回収に出す(もしくは分別してゴミを出す)と言うの行為は実は最近始まったものです。

 

f:id:kurohyo-3rd:20200807110838j:plain


そもそも衣ゴミという観念がなかった国なので当然ですね。

(ゴミというものは近代の資本主義社会が生み出した副産物です。工業製品を使用しない時代にはゴミはほとんど発生していません。特に日本は)

 

こと衣類に関しては資源として回収して再利用する職業ずっと続いています。

 

そして現在その流れを組んで事業として取り組んでいるのが故繊維加工業という職業です。

(実はこの故繊維加工業というのが㈱Kurokawaの初代が初めて仕事で今の衣類のリユースとリサイクルの事業もこの流れを組んでいます。=多分知らない人も多いので明日この故繊維加工業の仕事について書きますね。)

 

故繊維加工業という職種が江戸時代のリサイクル文化から引き継いで今も続いていますが、行政のゴミ回収の歴史は案外と新しいです。

(日本古来の回収システムは昭和40年ごろに崩壊してしまいました・・・・・)


日本のゴミの法律である廃棄物処理法も戦後にドイツの法律を真似して生まれたものなので・・・

(結構いろんなところで戦後の日本はドイツやフランスなど近代国家の法律や兵法などを流用して法律や規則を制定しています。)

 

ただ、日本において、この法律にはリサイクルやリユースをするのに非常に整合性の取れない仕組みになっています。


この法律のせいで資源の循環が妨げられているという側面もありますね。
残念ですね・・・・・・

(次の故繊維加工業の説明の後に詳しく書いていきます)

 

CRM型リユース事業・・・続き

CRMの話を先日からしていますが、弊社のCRMリユース事業を説明する前の前提条件を引き続き書いていきます。

 

f:id:kurohyo-3rd:20200807095903j:plain

 

衣類を購入して使い終わったあとどのように活用するかという選択肢①〜⑤ですが、

①誰かにあげる
②自宅で別の用途で使う
③リサイクルショップに持っていく
④資源ゴミ回収に持っていく
⑤寄付する

昔から日本人がやってきた衣類の活用方法①と②は残念ながら現在は非常にむずかしくなっています。


生活様式の変化や衣類の形状や素材の変化によってこの素晴らしい文化を手放してしまいました・・・・・

 

①の誰かにあげると言う選択肢は核家族化や少子化の影響、そして最も大きいのはものを大切に使うと言う意識の低下からほとんどされなくなってきています・・・・

 

場合によっては「逆に迷惑・・」になってしまいました。

 

もう一つの原因はものの低価格化と言う要因も大きいですね・・・・

 

とても残念です。

さらに言うとお下がりまでなくなりつつあります・・・・・・・

 

②のリサイクルすると言うことも素材が、昔のように単一素材(綿100%、麻100%、絹100%というような製品)から現在は単一素材の製品を見つけることの方が難しいぐらい複合素材化しています。

 

f:id:kurohyo-3rd:20200807100124j:plain

 

(これはリサイクルの観点から見ると非常に問題があります。混紡素材はたくさんの商品を集めてリサイクルするときにリサイクルされた商品に大きなばらつきが出ます。

これが製品化されたときに均一なそして完璧な商品を求める日本人には非常に足かせになります。

この辺りを許容できるとリサイクルは一氣に加速するはずです・・・・でもこれが一番難しいかも)

 

しかも化学繊維が入ったものに大きくシフトしてしまい、着物を雑巾にして活用し、そして燃やして燃料に、さらに灰を肥料にして、また新しい素材を生み出すと言う炭素の循環のループはぷつりと切れてしまいました・・・・・

 

この循環を生み出していたのは日本の着物が唯一ではないかと言うぐらい素晴らしい仕組みでした。

 

しかしこれは完全に崩壊しています・・・・

 

唯一残ったのが③のリサイクルショップへ持っていくです・・・・・


昔の古手屋さん(江戸時代の古着屋さんの呼び名)はなくなりましたが、リサイクルショップとして現在まで残っています。

 

f:id:kurohyo-3rd:20200807103057j:plain

 

そして我々もそれを引き継いだ一社です。

 

次回もこの辺りもう少し書いていきます。

CRM型リユース事業とは?

さて、先日から説明しているCRMですが、当然、私たちの会社㈱Kurokawaでも取り組んでいます。

 

f:id:kurohyo-3rd:20200807095848j:plain

 

私は個人的に弊社で行っている活動をCRMリユース事業と言う言い方をしています。


CRMリユース事業とはなんなのか?

 

これについては時間をかけながら説明していきます。


前回にお伝えした通りCRMとはコーズを活用して本業の中で徳と利を両方行うことです。


弊社の取り組みでいくとフクサポや古着deワクチンなどがこれに当たりますが、その説明にいく前に前提を少し書いていきたいと思います。

 

服を買った人には選択肢があります。


それは、使い終わったら捨てるのか?活用するのか?と言う選択肢です

f:id:kurohyo-3rd:20200807095903j:plain

 

 


当然、最近の風潮(人口爆発や環境破壊といった側面)と日本人の特性(全てのものに命があるというアミニズム的特性)を考えると、多くの人が活用すると言う選択肢をとることが間違いない現状だと思います。

 

ただ活用すると言う選択肢にもたくさんの種類があります。

①誰かにあげる
②自宅で別の用途で使う
③リサイクルショップに持っていく
④資源ゴミ回収に持っていく
⑤寄付する

 

昔の日本では①と②と③がほとんどだったように思います。


このことは以前にも書いたと思います。

 

日本の着物は資源の循環を考えると最適にデザインされた素晴らしいものです。

 

f:id:kurohyo-3rd:20200807100124j:plain

 

リユースもリサイクルもとてもしやすい構造になっています。


反物の構造をそのままに活用するデザインであるために容易に一枚の布に戻せてリサイズしやすい100%天然繊維でできているので、資源として活用が容易であるのと同時に炭素循環もすることができ完全リサイクルが可能。

 

次回もこの辺りをもう少し書いていきたいと思います。

 

 

また新しいやつ・・・・・CRMとは?

昨日の続きです。
CRMとは?

CRMとはカスタマーリレーションシップマネージメントではありません。


一般的にはこれのことを言うことが多いですが、ここで言うところのCRMとは

コーズ・リレイティッド・マーケティングと言います。

 

コーズ Cause=大義、目標、理想、よきこと、と言う意味です。


このコーズを全面に出したマーケティング活動で、フィリップ・コトラーは「企業が製品の売上げや取引に応じて、得られた利益の一定割合を何らかの組織に寄付すること」で、「時間的限定で、特定製品を対象に、特定のコーズ」と共に行うマーケティングであると定義しています。

(個人的には時間的限定でなくても良いとは思っていますが・・・・・)

 

難しいですね。

 

少し難しいので事例を挙げますね。

 

代表的な例はアメックスです。
アメックスがアメリカでスタートした際にすでにVISAがシェアの大半を取っていました。

(アメックス自体はすでに150年の歴史はあったもののクレジット事業自体は新参者でした)

 

f:id:kurohyo-3rd:20200806111607j:plain


そこでアメックスが取った戦略が自由の女神プロジェクトです・・・・・・

 

アメックスが行った自由の女神プロジェクトとは?

 

1980年当時のアメリカにおいて行ったこのプロジェクトは非常に簡単です。

 

当時、アメリカの象徴である自由の女神が老朽化のために修禅しないといけないとい状態にありました。

 

f:id:kurohyo-3rd:20200806111725j:plain

 

そしてその表は100万ドル日本円にして2億円以上・・・・・

 

そこでアメックスは


アメックスの利用に一回に対して1セント自由の女神修復のための寄付を行うと言うと打ち出しました。

 

クレジットカードと言うものは非常に差別化が難しく市場が占有されているとなかなかそこを崩すことが難しいものです。


そこを切り崩したのこのやり方。
この結果アメックスは以下の成果を得ます。
①3ヶ月で総額170万ドルの寄付金を集めた
②カードの利用額が28%増えた(対前年比)
③新規カードの申込数が45%増えた(対前年比)

 

差別化が難しいと言うことは実はどこを使っても同じであるならばコーズ(自由の女神の修復)があるアメックスを使った方がより良い選択と顧客にうまくマーケティングができたと言うことだと感じます。


最近だとボルビックの1リッターフォー10リッターなどたくさんの企業が取り組み始めています。

 

ただ氣を付けないといけないことが一つあります。

 

それは企業の提供価値はなんなのか?使命はなんなのか?ここがブレると間違った方向に行ってしまいます。

 

ちなみにアメックスは「世界で最も尊敬されるサービスブランドとなる」です。

 

もちろん我々もやっています。
次回はその辺り少し・・・・・・

 

もう少しCSVについて

昨日書いた㈱Kurokawaの在り方がそのままがCSVとなっていると書きましたが、それに加えてどんどん社会的責任を果たすべく進化させています。

 

f:id:kurohyo-3rd:20200805114745j:plain

 

社会に起こっている課題を本業が取り組む主としての資源の問題以外にも同時解決したいと考えています。

 

なぜなら、活かされていないものは多岐に渡り、様々な場所で発生しているから・・・・・

 

それを書く前に少し・・・・・

 

もう一度言うとCSVの重要な要素とは何かというとそれは、社会課題を本業のプロセスにおいて解決しながらも営利企業として利益をしっかりとあげていくことです。


今までは本業の尻拭い的に社会課題に資本を投下している企業がほとんどでしたが、このケースでいくと利益が上がらなければその活動は途中でストップしてしまいます。

 

木を毎年植えていたが、本業の業績が極端に低下して来たので来年から予算カットしますって・・・・・
平気で言えてしまいます。

残念ですよね・・・・・・

 

f:id:kurohyo-3rd:20200804200431j:plain

 

そうならないために本業に組み込みそれ自体で価値を産むことで利益をあげて継続していくことがとても大事になります。

 

その意味でCSVは大企業の戦略と言われています。

 

なぜなら自身の業務のプロセスを大幅に見直し事業活動そのものが社会課題を生み出さず、かつ課題を解決していくと言うことを同時にしないといけないからです。

 

CSVで有名な企業としては

ネスレ

パタゴニア

日本だと伊藤園などがあります。

 

ただ中小企業にはそこまで大きなシフトを一足飛ばし行うことは難しいです。

 

その手前で中小企業がやるのに非常に適した戦略的なやり方にCRMと言うものがあります。

 

次回はこの辺りを書いていきます。

CSVをもう少し詳しく・・・・

4つの側面で企業の社会的責任を書いていきました。それでは実際にどんなことがその活動として捉えられるかということを私の会社の㈱Kurokawaを例にあげて書いてみたいと思います。

 

私の会社、㈱Kurokawaを例にとるとまず特出していることは本業そのものがCSVとなっていることだと感じます。

 

以前にも書きましたがCSVとクリエートシェアードバリュで共有価値創造と言います。

 

もう少し説明すると共有価値創造とは営利企業がその本業を通じて社会的問題解決と経済的利益をともに追求し、かつ両者の間に相乗効果を生み出そうとする試みです。

 

ひと昔前のCSR活動としてよく見かけられたのは本業以外で何か社会の課題を解決するために企業が始める活動でした。

 

例えば、たくさんの商品を生み出し、その過程でCO2をたくさん排出しているのでその課題を解決するために本業以外で木を植えてみるとか・・・・・・

(ちょっと的外れなやつです・・・・)

 

f:id:kurohyo-3rd:20200804200431j:plain

 

残念ながら資本主義社会がスタートしてから企業はその営利活動を強化するあまりに様々な社会問題を同時に産み出してきました。

 

ようやくここに来て人口が100億人を突破することが確実となり自分で自分の首をしめていることが誰の目からも明らかになったことによって時代がシフトし始めました。(かなり遅いですけどね・・・・・・)


私たちの本業のリユースとリサイクルは社会課題の一つ資源の問題を解決する取り組みです。

 

しかもCSVの社会問題を解決しながら経済的利益を追求するという観点ではまさにそのままです。

 

すごくないですか?

 

ありがたくもこんな事業を引継ぎそして成長させることができたいることに感謝です!